"#大河ドラマ探訪"の記事一覧

大河ドラマ探訪526「光る君へ」30「宇治 大河ドラマ展」2 紫式部と道長はソウルメイト? 

「宇治 大河ドラマ展」の映像コーナーでは、ドラマ通り、まひろ(紫式部)と道長の恋愛関係を中心に描かれていましたし、二人は生涯のソウルメイトであったという見方がされていました。もっとも、説明パネルの中では、道長が紫式部に当時は高価だった紙を提供し、彼女は「源氏物語」を書き、それを道長の娘の中宮彰子に提供することで、物語に興味がある一条…
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ探訪525「光る君へ」29「宇治 大河ドラマ展」1「私を嫌いにならないでください」と書かれた色紙

   6日、妻と一緒に「光る君へ 宇治 大河ドラマ展」を見に行ってきました。歴史公園にある交流館「茶づな」の2階で開催されています。ドラマの紫式部(まひろ)と道長の衣装、二人の等身大パネル、ドラマで使われた小道具、登場人物紹介パネル、時代背景などの解説パネル、出演者のサイン色紙と一言メーセッジ、平安時代の宇治の俯瞰図、道長と宇治の関わ…
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ探訪524「光る君へ」28 古典文学探訪178 紫式部と清少納言は親密だったのか?2 「枕草子」で紫式部…

 清少納言が紫式部のことをどう評していたかは、書き残していませんが、「枕草子」の「あはれなるもの」の段の中で、後に紫式部の夫となった藤原宣孝のことを記した箇所があります。  御嶽(吉野の金峰山)詣でをした時に、宣孝は粗末な身なりではなく、派手な着物で参詣したと。その時の宣孝の身なりについて、「三月末に、紫のたいへん濃い指貫(さしぬき)…
コメント:0

続きを読むread more