"石田三成"の記事一覧

石田三成の実像3629 白峰旬氏「『日向記』収載の黒田孝高書状写について―伊東家軍勢による宮崎城攻略は私戦なのか公…

 白峰旬氏「『日向記』収載の黒田孝高書状写について―伊東家軍勢による宮崎城攻略は私戦なのか公戦なのかー」の中で、「(慶長6年)卯月 4日付伊那掃部宛黒田孝高書状写」(黒田孝高書状写E)が取り上げられていますが、その続きです。  この書状写の「尚々左京殿家来衆心付専一候」という箇所について、次のように指摘されています。 「伊東祐慶が家…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像3621 中井俊一郎氏の「知られざる三成と家康 慶長3年秋、手を携えた両雄の五ヶ月間」11 泗川の戦い

 中井俊一郎氏の「知られざる三成と家康 慶長3年秋、手を携えた両雄の五ヶ月間」(Kindle)の中で、島津義弘が名を上げた泗川の戦いの勝利について史料に基づいて詳述されています。  まず、「泗川方面の日本側拠点としては、元々朝鮮の城としてあった泗川古城と、島津勢が新たに海岸沿いに築いた泗川新城がある」が、「泗川に入った明軍は、まず泗川…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像3612 毛利輝元書状(『厚狭毛利家文書』46号文書)をめぐって 隠居中の三成は書状や使者を送れなか…

 白峰旬氏の「慶長4年閏3月の反石田三成訴訟騒動に関連する毛利輝元書状(『厚狭毛利家文書』)の解釈について」(2019年発行『別府大学大学院紀要』第21号所収)の中で、光成準治氏の「関ヶ原前夜」(NHK出版)で取り上げられている「厚狭毛利家文書」の六通の毛利輝元書状のうち、光成氏がA文書(46号文書)と呼んでいる書状が、反石田三成訴訟騒…
コメント:0

続きを読むread more