京都探訪396 三条通の近代建築物2 「1928ビル」2「同時代ギャラリー」の「SAGADASH 2022」(嵯峨美術大学 芸術学部 造形学科 油画・版画領域 選抜展)

DSCF0413.JPG
写真は「1928ビル」の「同時代ギャラリー」で開かれていた「SAGADASH 2022」(嵯峨美術大学 芸術学部 造形学科 油画・版画領域 選抜展)の木村文香さんの作品で、メルヘンチックでほっこりした気持ちになりました。
 学生6名が出品していましたが、姪が嵯峨美術短大の出身ということもあって、それぞれの作品に余計に親しみを感じ、応援したくなりました。
DSCF0418.JPGDSCF0414.JPGDSCF0417.JPGDSCF0415.JPG
 写真は、佐多遙花さん、當麻里実さん、中濱尚紀さん、永廣美由紀さんの作品ですが、それぞれの個性が光り、全く異なる独自の世界が展開されていました。各々の境地を切り開いて、さらなる高みを目指してほしいものです。
DSCF0412.JPG 
稲葉日向子さんの作品は、実演ということで、その時は時間ではなかったので、ビデオで作品を作る様子が紹介されていましたが、どのような作品なのか気になりました。作品の撮影はいずれもOKでした。
 レトロなビルの中で、時代の先端を行くユニークな芸術作品が展示されているのが斬新でした。もっとも、京都は、伝統を尊びながら、最新のものも取り入れるという進取の精神に富んでいるところです。京都は学生の街でもありますから、古今のものが共存しているのも当然かもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック