京都探訪490 町家を改装した「ステーキハウス 听(ポンド)」で熟成黒毛和牛ステーキ

 京町家が年々減ってきているのは寂しいことですし、京の情緒が失われてゆくような危機感を覚えます。その点、ヨーロッパなどでは、旧市街というものが残っていて、昔の街並みが広範囲に保存されているところが少なくありません。  京町家を改装して飲食店などにするのも、景観を保つ一つの方法だと思います。16日、中信美術館の展覧会を見た後、昼食は…
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ探訪521「光る君へ」25 古典文学探訪175 紫式部が清少納言に書くのを勧めたのが「枕草子」という描き…

「光る君へ」で、越前に発つ前のまひろ(紫式部)が、ききょう(清少納言)に対して、出家した中宮定子のために、中宮から下賜された紙に何か書かれたらよいと勧め、ききょうがそれに応じて「枕草子」の冒頭の「春はあけぼの」の一節を書き出すという描き方がされていました。そういう事実や説があるのならともかく、そういうことを示す史料は一切なく、脚本家の大…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像 3679 阿部哲人氏「合戦に至る東北西軍大名の動向ー上杉景勝を中心に」13 会津への正使派遣

 阿部哲人氏の「合戦に至る東北西軍大名の動向ー上杉景勝を中心に」(太田浩司氏編『石田三成』所載)の中で、慶長5年になってからの景勝の上洛問題をめぐる経緯について述べられていますが、その続きです。  家康が会津の景勝に上洛要請をしたものの、景勝が上洛できないと主張したことに対して、増田長盛と大谷吉継が度々調停しましたが、その調停が不調に…
コメント:0

続きを読むread more